レバレッジの仕組みを解説

FXと株式の取引のシステムにおいての違いの一つにレバレッジがあります。一応株式にもレバレッジのようなものは存在しますがせいぜい3〜5倍程度です。レバレッジとは1万円の証拠金があった場合日本国内であれば最高25万円、海外であれば1000万円までの返済能力があるとみなし、信用取引が行えるシステムです。

 

レバレッジを高く設定するとリターンが大きくなる分当然リスクも大きくなります。しかし、ほとんどすべての業者で証拠金率が100%、50%を下回ったり、0になったりすると強制的に決済されマイナスになることは滅多にありません。なのでリターンに比べリスクが非常に小さく、利益を得られるチャンスが多くなります。FXなどの投資、投機は基本的になくなっても生活に支障のないお金を使ってやるものなので、大きく勝ち、小さく負けるためにも選べるレバレッジは高ければ高いほどいいです。